概要

CyberWalkerとは

「CyberWalker SDK」は、お客さまのニーズに合わせて特定業務向け3次元CGアプリケーションを開発することができるソフトウエア開発キットです。(Software Development Kit)

CyberWalker SDKの構成

CyberWalker SDKの商品構成は、以下の通りです。
  • CyberWalker3次元描画エンジン(ダイナミックリンクライブラリ)
  • ライブラリインターフェース(Mmi_ API)
  • Visual C++サンプルソースコード
  • ライブラリリファレンス(ヘッダファイル)
  • レイトレーシングモジュール
当社製品CyberWalker(OEM製品:メガソフト社「3Dマイホームデザイナー」)が持つほとんどの機能をWindows APIと同様の形式で利用できるライブラリインターフェースを用意しました。 APIは、3次元描画環境の初期化、基本形状の作成とパラメータ設定、視点変更、色・光源の作成とパラメータ設定、オブジェクトの階層管理、テクスチャ設定、ファイル読み込み・保存など、800程度の関数があります。 また、開発の参考にしていただくため、VisualC++、C++Builderで作成したサンプルソースコードも用意しています。