未知のアプリケーションの利用を許可

「Oculus Home」の「General」を開き、「Unknown Sources」がONになっているか確認してください。これをONにしないとVR内装体験システムからHMDに表示できません。
   

※設定は、ログインしたOculusアカウント毎に保持している様です。
 新たにOculusアカウントを作成してログインした場合には、ここの設定がリセットされていますので、再度設定してください。


ファームウエアのアップデートを確認

各デバイスがPCに接続され、インターネットに繋がった状態で、しばらく放置するとアップデートの通知が出る場合があります。
多くの場合、アップデートしないと正しく動作しません。
   

Viveの場合も同様です。


ドライバの起動を確認

Windowsにログインした直後、Oculusドライバ(Oculus Home)が立ち上がる前に3Dマイホームデザイナーを起動すると、HMDに表示されないことがあります。
一旦、3Dマイホームデザイナーを終了し、「Oculus Home」が表示されるのを確認してから3Dマイホームデザイナーを起動してください。

「Oculus Home」は、Oculusを装着すると自動的に起動します。(DK2は、装着センサーが無いため、自動起動しません)
起動しない場合は、デスクトップ上のOculusアイコンをダブルクリックするか、スタートメニューの「Oculus」を選択して、起動してください。
   


デバイスの認識を確認

物理的にデバイスが繋がっていても、デバイスを認識していない事があります。
Oculus Home のデバイス情報で各デバイスが正常に認識されているか確認してください。
各デバイスが正常に認識されている場合は、各デバイスのステータスは緑色で「Connected」もしくは「On」と表示されます。
   


Viveの場合も同様です。
SteamVRですべてのデバイスが認識され、以下の様に「利用可能」と表示されていることを確認してください。
   


警告画面(注意表示)の消去

Oculusに以下のような画面が表示されている場合、コントローラのボタンを押すか、画面下方ある四角で囲まれたバーを2秒間みつめてください。(四角の中に丸いマーカーが2秒間以上存在するように)
   


グラフィックライブラリの確認

「グラフィックライブラリ切替」で、「DirectX11」が選択されているか確認してください。
ドライバをインストールした直後は、PCを再起動していただく必要があります。


コネクタのゆるみを確認

HMD側のケーブルコネクタが緩んでいないか確認してください。輸送中の振動などで、緩むことがあるようです。HMDのクッション部分を取り外し、コネクタを奥まで差し込んでください。


変換コネクタの利用

HMDがHDMI端子ではなく、USB→HDMI(もしくはUSB→DVI+HDMI変換アダプタなど)で接続されている場合、または、HMDはHDMIで接続されていても、追加の外部ディスプレイがD-SUB等で接続されていると、HMDに正常に描画できない場合があるようです。HMD及び外部ディスプレイは変換コネクタや変換アダプタを介さず、直接PCに接続してください。


ドライバの共存

HTC ViveとOculus Riftの両方のドライバをインストールしている場合、切り替えが上手く行えていないと、画面が真っ黒になる場合があります。「セルフVRモード」の「HMD基準位置設定」を行ってください。(PCの再起動が必要な場合があります)


最初の起動時に表示される「動作環境の確認ウィザード」が最後まで終了しなかった可能性があります。

「動作環境の確認ウィザード」を途中でキャンセルした場合など、環境の情報が登録されていないため、「DirectX11」で動作する環境であっても、より多くの環境で動作する「DirectX9」モードで起動します。
再度「動作環境の確認ウィザード」を起動し、最後まで終了させてください。

「動作環境の確認ウィザード」は、インストールフォルダ内(PRO9の場合、デフォルトではC:\Program Files (x86)\3DMHPRO9\)の「envcheck」フォルダにある「MmEnvChecker.exe」を起動してください。


対応しているコントローラ

対応しているコントローラは、XInput対応のもののみです。
(XBox 360コントローラ、XBox Oneコントローラ等)


VRモードの確認
コントローラで操作できるのは「セルフVRモード」のみです。
「オペレータ操作VRモード」では、3面図上で視点アイコンをマウスでドラッグして、視点変更ができます。